症状が悪化した場合

子供や親との関わり

うつ病を発症する原因は様々で、例えば子供や親との関係でストレスが過剰に貯まることでも起こります。

 

思春期で反抗期でもある子どもとの関係、子供の今日行き、置いていく両親の介護、死別など、夫との関係以外にも様々な出来事が起こるので中年期に起こる症状をある程度は考えておくことも大事です。

 

また自分自身に病気が見つかり、健康面で自身がなくなったり、容姿の面で年をとったなと実感し、急激にうつが発症するケースも有ります。

 

一番は、自分自身を言い聞かせることで、どのような事柄に対しても乗り越えることが出来るとは思いますが、うつ病になるきっかけに応じて、多い時期があるために、まずは、様々な情報に対して、対応をすることが大切です。

 

中年期は社会的な経験も豊富で、何事も自分で解決してきた自負があるために、自分で落ち込み、やる気が起きないということもあります。周りの人や家族に相談することもできずに、結局はどのようなことをしたら良いのかもわからず、最終的に死を選ぶことも有ります。

 

どうしても自分で解決ができない場合は病院で検査をすることが一番の解決策になります。

 

担当の医師によりますが、鬱病の薬であるフルボキサミンなどを処方し、症状を緩和してくれることが有ります。

 

 

トップへ戻る