精神的なことが関係してくる

自殺にも「抑うつ病、双極性障害」

厚生労働省が3年毎に調査している「患者調査」というものがあり、気分障害の一つであるうつ病は、平成8年の段階では約43万人だったそうです。

 

しかし、平成23では約100万人を超えているそうです。10年足らずで2倍以上に増えているうつ病。

 

うつ病は気分が沈んで何もする気が起こらなくなる心の病気です。
イキナリ発症するわけではなく、ちょっとしたことが原因で、心に傷が残り、精神的なダメージを受け、徐々に調子が悪くなり、モヤモヤとした気分が続き、初病が起こってしまいます。

 

ただし、一口にうつ病と言っても実は色々なタイプが有ります。

 

 

大きく分けて2つに部類され、抑うつ障害と双極性障害です。

 

抑うつ症状は「うつ病、大うつ病性障害」に分けられ、仕事場における心の病気で最も多いと言われています。

 

深い穴に落ちたような気分の落ち込みや無気力、自責の念などが強くなる。気分が落ち込むと、どんどんと症状が進行し、なかなか改善できない精神的な病気です。

 

それからもう一つが双極性障害(躁うつ病)です。

 

うつ病状態と、軽躁状態を繰り返し、軽躁状態は周囲に迷惑がかからない程度のそうなので、病気と気づきにくい。

 

そのために、そのまま放置して、徐々に進行するパターンが多いそうです。

 

 

気分障害であるうつ病は治らない病気ではないのですが、気力を失い生きる意味が感じらっれないところまで追いこまれてしまうために、最終的には自殺を図る可能性。

 

国内のデータで、健康問題による自殺者の約1万5千人の中で、約半分の7千人の自殺者はうつ病だったそうです。

 

そのため、少しでも気分の落ち込みを感じた場合は、病院などに相談をすることが重要になります。

 

 

トップへ戻る