女性ホルモンの乱れが原因

女性ホルモンの乱れ

少し意外だったのが、男性よりも女性のほうがうつ病になりやすいという音です。
女性の4〜10人に1人の割合でうつ病になるそうです。これはかなりの数値ではないでしょうか?

 

男性より2倍の数値だそうです。
女性にうつ病が多い理由としては、女性ホルモンとの関係が密接に関係するそうです。うつ病では脳内の神経伝達物質のバランスが崩れてしまう。女性ホルモンは、この神経伝達物質とも深く関係するために、精神的な部分が乱れやすくなり、どうしてもうつ病が起こりやすい。

 

うつ病の女性の患者さんに多い原因として、月経周期や妊娠など、女性ホルモンが乱れてしまうことが関係します。

 

エストロゲンやプロゲステロンなどの変動が激しくなること。
月経のサインを繰り返すことで、乱れやすくなります。

 

月経前になると、どうしてもバランスを整えることができなくなり、イライラしたり、寝不足になったり、心の変動を感じやすくなる女性が多い。月経前は女性ホルモンの分泌が大きく変動し、神経伝達物質にも大きな影響をあたえてしまいます。

 

特に、女性ホルモンの乱れが多いのが、初塩、結婚、妊娠、出産、更年期で、20代後半から40代にかけて起こりやすいと言われています。

 

女性ホルモンを整えるために、ピルや漢方薬を服用する人も増えていますが、まずは普段の生活を整えることが重要になります。

 

 

トップへ戻る