フルボキサミンの使い分け

気分安定、抗不安薬

フルボキサミンの効果としては、うつな気分をやわらげ、意欲を高めてくれる効果があります。抗うつ薬やSSRIにも効果の種類はさまざまですが、フルボキサミンの場合は気分安定や抗不安に作用します。

 

気分安定薬は異常に興奮した気分を落ち着かせる効果があります。双極性障害、躁状態に使われることが多く、躁、鬱の波のある精神状態によく効くとされています。

 

抗うつ薬だけでは十分に症状が改善されないとき、気分安定薬を併用すると抗うつ効果が増強されることも。フルボキサミン以外として、リーマス、デパーケン、ラミクタールなどがあります。

 

ハイの状態を抑制するほか、気分の変動を小さくし、うつ病の再発予防としても利用されています。

 

それから、不安の強い時に使われている抗不安薬ですが、こちらでも古ぼ草民が処方されるときもあるそうです。抗不安薬を「マイナートランキライザー」と呼ばれ、うつ病初期の不安の強い時に抗うつ薬と併用してよく使われます

 

抗不安薬のタイプにはベンゾジアゼピン系と非ベンゾジアゼピン系があり、前者の薬が即効性が強いとされています。

 

抗不安薬は依存性があるので、出来れば症状が少し改善されたときは、少しずつ薬の容量を減らすことが、望ましいとされています。

 

 

トップへ戻る