フルボキサミンで気分を爽快

うつ病と気分障害

うつ病の症状として多いのが「気分障害」と言われています。気分が著しく損なわれる病気で、その他にも、睡眠、食欲活動性などにもさまざまな影響が出てくるとのこと。訴える症状は人によって異なり、同じ人でも、時間の経過とともに変わってくることが珍しくないそうです。

 

代表的なのが、
「憂うつ、気分が晴れない、つまらない、つらい」
など、人によって、訴え方はさまざまですが、わけもなく涙を流したり、全く絵がをが消えたこともあるそうです笑顔や友達などが気づくこともあるのは本当につらいと思います。

 

人によっては、必ずしも憂うつ気分にはならずにイライラしたり、怒りっぽくなったりと言った症状があらわれることも珍しくないそうです。

 

イライラや起こりは特に若い世代に起こりやすいとのことで、仕事や家事の喜びが無くなり、新しいことへの興味が消えてしまう。今まで好きだった趣味やスポーツなどがつまらなく思え、また、感情が働かなくなってしまいます。

 

このような症状がうつ病になるわけです。

 

そこで、フルボキサミンを服用することで、セロトニンを活発に活動させ、気分の落ち込みが改善され、うつ病を治してくれるわけです。

 

 

トップへ戻る